自然素材の温もりある家 (S 様邸)

私は木楽々工房の玉澤建設さんにエアパス工法で家を建てていただいて今年で2回目の冬をすごしました。今年の冬は北国に永く住んでいても本当に寒いなと言えるものでした。その寒い冬を過ごして、この家は住む前のイメージよりさらに居心地がよく、部屋中の空気がスッキリして心と体を癒してくれるなぁと改めて感心しています。

エアパス工法、木のぬくもり、薪ストーブの暖かさ・・・すべてがあいまって外がどんなにマイナス○○度の気温表示になっていても、家の中では10度を下回ったり、吐く息が白くなったり、朝寒くて布団から出られないという日は一日もありませんでした。また、珪藻土の調湿作用もあり窓ガラスの結露とは無縁! なんと言っても洗濯担当の私としては、仕事から帰って夜洗濯して干しても一晩で乾いてくれるのはありがたい!!しかも家の中に洗濯物を干すといままでのアパート暮らしでは変なにおいが残ったのにそれが全くなく、カラッと乾いてくれるのはさらにうれしい!!!
ただ一つ、大きな誤算もありました。

妻がよくうたた寝をするようになったのです。木のぬくもりや薪ストーブの暖かさがあまりにも気持ちよく、いるだけでホッとしてしまうからだ、と言います。でも、犬のペロ(ゴールデンレトリーバーMIX)と一緒にうたた寝する姿を見ていると、それだけでなんとなく幸せな気分になれるのも不思議なものです。

こんな生活ができるのも私共のわがままを笑顔できいて家を建てていただいた玉澤建設さんのおかげと本当に感謝いたします。そして、我々のような居心地のいい木楽々な家と生活をたくさんの人に提供していただきたいとおもいます。

H町  S様