エアパス工法

エアパス工法の家は、自然エネルギーを活用した健康住宅です。

機械や動力を使わず、太陽熱や風などの自然エネルギーを利用するパッシブソーラー方式を採用し、日本の四季を体に感じながら、暑くない程度、寒くない程度の環境づくりを提案しています。


 夏は床下換気口と小屋裏換気口を開けることで、床下から涼風を取り込み、壁体内・小屋裏の熱気を建物の一番高いところから放出します。住宅の躯体内に熱気を溜め込まないことで快適さをつくります。
さらに間取りを考慮して、南から北へスーッと風が流れるように工夫します。こうすることで真夏の夜でも外気温が下がり、室内の温度も徐々に下がります。
冬は両方の換気口を閉めることにより、暖められた空気が壁体内でゆっくりと循環し、住まい全体が温度差の少ない自然な暖かさになります。

夏の涼しさ、冬の暖かさを実現する「夏冬可変型。」

太陽熱によって暖められた外側空気層の空気は、温められ気温が上がると、上昇気流となり暖かい空気は建物(壁)内にこもらず、常に排出されているため、室内を涼しく保ちます。

太陽熱を受ける面の外側空気層は集熱層となり空気を温めます。温められた空気は上昇し、内壁空洞内に入り込みます。温められた空気は家全体に行き渡り、建物を心地良く包み込みます。夜間はエアダンパーによって空気を静止させ、3重[室内側空気+断熱材+外側空気]の断熱層となり、明け方まで暖かさを逃しません。

エアパス工法5つの効果

家全体を暖め、床が冷えません

床面の温度が低いとなかなか暖まりません。エアパス工法は床、壁、天井の表面温度を均一に高めることができるため、少ない暖房でも効率良く暖まります。

家中どこでも温度差がなくて快適

エアパスの家は壁体内を暖かな空気が循環するため、使っていない部屋や北側の水回りでも温度差がなく、家中がほぼ均一な温度になります。

故障の心配がありません

屋根に付けるコレクターパネルなどの機械装置に頼らず、建物の造りそのもので、太陽熱を受け入れ排熱する本来のパッシブソーラーハウスがエアパス工法です。

湿気がないので押入れも安心

冬場や梅雨どきなどは、押入れが冷たく湿りがちですが、エアパスの家は湿気が少なくカラッとしているため、布団が冷たくなりません。

自然の力を効果的に使い、夏も涼しく快適

密閉型の住宅は夏に熱気がこもり暑くなりがちです。床下換気口と小屋裏換気口の調節で壁内の熱気と湿気を排出、自然の力を効果的に使い、夏も快適に過ごせます。

エアパスに関するより詳細な情報はこちらをご覧下さい