木楽々ブログ

2018年4月5日    お引渡しの2軒のお宅におじゃましました!

 

一軒目のT様邸は、一関市大東町、二階から街が一望できそうなところです。

 

 

 

玄関を入ると、杉の赤みを生かしたリビングの入口の引き戸は光の加減で桜色に見え「Welcome」と

言われてるようです。

無垢の梁が際立っているリビングの梁の太いこと、約60㎝ほどあるそうです。そして、薪ストーブが鎮座して

います。

2階は、それぞれお子さんのお部屋とホールにも、梁がアクセントになっています。

 

2軒目のH様邸は、気仙沼市新興住宅地の一角にあります。

 

玄関を入ると、リビング隣の和室の化粧欄間、ひときわ目を引きます。建て替え前のお宅からの思い出のものとして松の大

木が彫刻されていて迫力があります。

また、H様のキッチンカウンターの大きな栗の天板も思い出の品として、白いキッチンにアクセントとなっています。代々

受け継がれていく、本ものの良さですよね。

二階は、ホール天井に明り取り窓があり、照明とともに柔らかい感じが出ています。

 

 

 

 

二軒の施主様ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年3月21日    憧れのミモザのリース

日曜日の午後、ミモザリース作りのレッスンに参加してきました。

中学生のころ、フランスのきれいなおねえさんが、ミモザの収穫をしているようすがテレビで放

送されたのがとても印象的でした。黄色いミモザと白いブラウスにロングスカートのこのおね

さんたちを思い出しながら、参加しました。

花言葉は「感謝」、イタリアでは、ミモザの日には男性から女性に贈る習慣もあるということを

聞きながら、リースの作り教えて方をいただきました。

ミモザの花は、黄色い小さなボンボンたくさんつけているように見えます。それと、三種類の

ユーカリがミモザを引き立ててくれます。

ユーカリは、ハサミできるたびに爽快な香りがします。

形になるのか、途中不安なり苦戦しながらも、なんとか完成しました。今度は、ミモザの大木みてみたいな~

2018年3月2日    木楽々くらぶランナー、東京マラソンに挑む!

木楽々くらぶ マラソン部の部長ともいえるSさん、

東京マラソンに初参加!

36000人のランナーが、一度に走るのは、ものすごいパワーですね。

ときは、平昌オリンピックの最中。

なんとSさん日頃のトレーニングの成果表れ、サブ4達成しました。

東京マラソン当選の一報を聞いてから、ずっとワクワクしていましたが、ついにやりましたね。

今大会は、設楽悠太選手が16年ぶりの日本記録更新したね。

Sさん、金メダルおめでとうございます。

 

2018年2月20日    館ケ森ごっつおマラソン快晴の下完走!~第9回館ケ森風祭り2018~

 

 

昨日の降雪がうそのような快晴の2月4日(日曜日)

コースには、雪がまだ残っていたり、アイスバーンになっているところもありましたが、

木楽々くらぶ全員無事完走しました。

◎ シニアの部(男子)第3位   牛に変身して木楽々工房の旗を背負って走ったOさん

◎ シニアの部(女子)第1位   アスリートの貫録 Yさん

おめでとうございました。そして、みなさんお疲れ様でした。

ゴール後のみなさんの表情が何とも言えずよかったです。まさぼうの湯に入り、館が森エリアのごっつおをいただき、

新春のマラソン大会を満喫しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月3日    事務所に復興船来航

先月、お客様H様から見事な船をいただきました。

H様は、写真をもとに約半年かけて制作にあったとのこと。細部にわたり、きめ細かく、部品の一つ一つもあつめられたと

のこと、稼働するロープや窓もあり、また、迫力ある大きさに見る人みなさん溜息と、感心の声が上がります。

「唐桑復興丸」と名付けられており、H様の熱い思いが込められている力作です。

大切な宝物をありがとうございました。

2018年1月16日    木楽々工房 山の神祝い

明けましておめでとうございます!

 

 

1月12日に、木楽々工房の「山の神祝い」(新年会)がありました。

昔からこの日は、”山の神様に感謝する日”とされ、入山を厳しく禁じられていました。木に携わる私たちは伝統を受け継ぎ、

山の神様にお神酒を捧げて一年の安全祈願をするのが習わしなのです。

 

 

 

今年は、二人の大工さんが古稀を迎えられました。おめでとうございます。

まだまだ現役でお元気な職人さんです!!

旅行が趣味のお二人には旅行券が贈られました。

 

 

 

 

 

さて今年から、新しい方が入社しました!

木楽々工房初、平成生まれの21歳の及川くんです。183センチの長身でチカラ仕事ならお任せとのこと。

急きょ、自称すご腕自慢の先輩たちとの腕相撲大会が始まりましたが、すべて及川くんの圧勝!! 会長との勝負ではプレッシャーなのか遠慮なのか?なかなか勝負がつかず、ドローで終了しました( ;´Д`)

 

 

カラオケが盛り上がってきたころ、

スコップ三味線にも初挑戦!

この若さで、この適応能力!

只者ではないな~と感心しました=^_^=

何はともあれ、若い力に期待ですヽ(^o^)丿

 

    今年も社員一同よろしくお願いいたしますm(__)m

2018年1月15日    ストーブを囲んでのクリスマス会

 

 

穏やかな土曜日、木楽々くらぶ主催のクリスマス会が、前沢展示場でありました。
初対面の方、久しぶりに会う方、いろいろなご縁を感じながら、みなさんと和やかに
それぞれのお宅の話、趣味の話、お料理・お酒の話で花が咲きました。

また、来年の木楽々くらぶ活動や2月25日に行われる東京マラソン出場のSさん
の激励など2018年への夢も膨らみました。

2017年12月15日    2017年12月15日 木楽々クリスマス会&忘年会 開催します!

クリスマス会招待状のサムネイル

クリスマス会招待状のサムネイル

2017年12月14日    薪ストーブ本格稼働中!

今年は雪の日が多い気がするのは、私だけでしょうか?

展示場の薪ストーブも10月下旬から焚きはじめて、本格的に燃えています。薪運びもすっかり日課となりました。

燃える炎をみていると、いろいろな意味で暖かくそして、温かくなります。

すぐにおいしいものを想像してしてしまいますが、クリスマス会にはピザや〇〇などで大活躍しそうです。

2017年9月11日    玉澤弘正さん夫妻、人命救助で表彰!!

8月31日、我が木楽々工房の大工である玉澤弘正さん夫妻が、人命救助で一関消防本部より表彰されました。

7月の早朝に藤沢町内で発生した住宅火災の際、自宅隣の家の火事にいち早く気付き、奥さんが119番通報~近所への知らせ、弘正さんが家の中から90代の高齢夫婦を助け出したそうです。

玉澤夫妻の勇気ある行動により、尊い二人の命が救われました。

もし、自分が同じ状況だったらきっと、恐怖で足がすくみ何もできずにただただ茫然としてしまうでしょうね・・・

玉澤夫妻の迅速な判断、機転を利かせた対応と行動、何よりも二人の勇気と正義感にとても感銘を受けました。

そして、田舎ならではの地域における目配り・気配り・心配りが大事なんだと改めて感じました。