真っ白な雪景色の中、燃えるような夕日

冬将軍は前沢展示場に早くも到来。

一面真っ白な世界が広がる。展示場前の広い原っぱから、こちらにむかって子供たちの走り回ったような足跡が

多数広がっている。なんだかほっとしたような、気持ちが暖かくなった。今の子供たちはと、つい言ってしまいがちだが、

雪を喜んで、走り回った姿を想像して嬉しくなってしまう。そういえば、凧揚げをしていた親子の姿もみかけた。

4時過ぎになると、夕焼けがきれいにもえていた。多分、今年最後に見るきれいな夕焼けだろう。きっと、バタバタして

いて夕焼けに気づかないと思うから。(実際にはもっとワインレッド色)