お引渡しの2軒のお宅におじゃましました!

 

一軒目のT様邸は、一関市大東町、二階から街が一望できそうなところです。

 

 

 

玄関を入ると、杉の赤みを生かしたリビングの入口の引き戸は光の加減で桜色に見え「Welcome」と

言われてるようです。

無垢の梁が際立っているリビングの梁の太いこと、約60㎝ほどあるそうです。そして、薪ストーブが鎮座して

います。

2階は、それぞれお子さんのお部屋とホールにも、梁がアクセントになっています。

 

2軒目のH様邸は、気仙沼市新興住宅地の一角にあります。

 

玄関を入ると、リビング隣の和室の化粧欄間、ひときわ目を引きます。建て替え前のお宅からの思い出のものとして松の大

木が彫刻されていて迫力があります。

また、H様のキッチンカウンターの大きな栗の天板も思い出の品として、白いキッチンにアクセントとなっています。代々

受け継がれていく、本ものの良さですよね。

二階は、ホール天井に明り取り窓があり、照明とともに柔らかい感じが出ています。

 

 

 

 

二軒の施主様ご協力ありがとうございました。